昨年12月8日に、2018年は天皇陛下が生前退位をされることが決まりました。
天皇陛下が退位されるのは約200年ぶりの歴史的な事柄です。
天皇が退位されると変わるのが「元号 げんごう」という、日本独特の年の呼び方が変わります。
元号が変わると書類に記載される表示が変わったり、色々な表示が変わってきます。
そこで気を付けたいのは、結婚式のあれこれです。

■新しい元号はいつから採用されるの?
2019年から新しい元号に変わるという話は、もうすでに皆さんはご存知だと思います。
しかし、2019年の1月1日からという噂などもあり、
一体いつから変わるのか分からない方も多いのではないでしょうか?
天皇陛下が退位されるのは2019年の4月30日と、閣議で決定しました。
その後、2019年5月1日に、現在の皇太子様が即位されます。

このことから、新しい元号に変わるのは2019年の5月1日ということが分かります。

明治以降、天皇と上皇両方がいらっしゃる時代を過ごすことができる、歴史的な元号の年です。

■結婚式で元号改正で気を付けること
2018年、2019年に結婚式を検討されているカップルの方で、
「平成」の元号で結婚式を挙げたいいのか?
それとも新しい元号で結婚式を挙げたいのか?これをまずお二人で、しっかりと決めましょう。

平成最後の元号で結婚式を行いたいなら、
2019年4月30日までの日程で結婚式の準備を行いましょう。
新しい元号で結婚式を行うなら、2019年5月1日以降の日程で結婚式の日を設定しましょう。
先走った報道や噂で、2018年の12月31日までが平成の元号で、
2019年1日1日から新しい元号に変わると勘違いしてしまっている方も多いので、
くれぐれも気を付けていただくことをお願いします。

「平成」という元号も、新しくなる元号も、
天皇陛下の生前退位という歴史的な時代に行われるお二人の結婚式は、
とても素敵な思い出に残るものになると思います。
ぜひ、元号改正の日程を参考にしてみてください。

名古屋結婚式場 カトリック布池教会聖ヨゼフ館
愛知県名古屋市東区葵1丁目12−23
電話:052-935-7790

フェア予約・クチコミはこちら