ホーム > 布池教会のご紹介



重厚なパイプオルガンの音色や聖歌隊の歌声が、大聖堂を厳かな空気で
包み込みます。ステンドグラスから差し込む赤や青の光が、30メートル
のバージンロードを彩ります。二人の愛の誓いを見守り続けた大聖堂
は、2012年に献堂50周年を迎えました。最大700名ご列席可能な
大聖堂で最愛の人とご一緒に愛を誓い合ってみてはいかがでしょうか。

 



カトリック教会とは

カトリック布池教会とは

カトリック布池教会は、ヴァチカン市国に総本部があるローマカトリック教会に所属する教会です。その大聖堂は、名古屋教区司教大聖堂ともいい、愛知、岐阜、石川、福井、富山県の教会を統括する中心教会として1962年に建立されました。

ステンドグラス

この教会のステンドグラスは、聖書と教会の礼拝を象徴的に表しています。聖堂後方二階には、音楽の保護の聖人、聖セシリアのステンドグラスがあります。

パイプオルガン

1994年12月完成のウェルナー・ボッシュ社製のパイプオルガンです。パイプの数は2,216本、ストップは33本です。

 

 

>>布池教会挙式部のサイトへ
布池教会挙式部のサイトへリンクしています。
聖ヨゼフ館のサイトへ戻るにはブラウザの
【戻る】ボタンを押してください。

Copyright @ 聖ヨゼフ館 All rights reserved